exhibition

「ジャケットを脱いで」
清水香央理・林淳一朗・佐々木裕司  3人展

2021年6月12日 (土) 〜 2021年6月22日 (火)
Sat Jun 12th 2021 〜 Tue Jun 22th 2021

jacket1.jpg
jacket2.jpg

例えば、親しい友人とレストランで食事をともにするとき、ほとんどの人は上着を脱いで、くつろぎながら食卓を囲むでしょう。

作家にとって展示は貴重なハレの舞台です。正装を着るような心持ちで、展示空間に作品を飾り、みなさんへ届けます。

ですが今回は少しだけ、家にお呼びするような感覚になって、本来は、限られた親しい人たちだけにみせるような、普段とちがう側面をこの展示でお見せしてもいいのではないかと思いました。

その感覚は、作品を構成する要素にもすこしずつ現れているように思います。

たとえば、佐々木さんの新作には、今まで彼自身が描いてこなかった家族のこと。
私の新作には、自分の近しい人と過ごした場所が、林さんの作品には、カメラマンの時とは全く違った視点が描かれています。

どうぞみなさまもお手荷物と上着を預けて、くつろぎながら見ていただければ幸いです。

2021年6月

清水 香央理
林 淳一朗
佐々木 祐司

 



清水香央理
〈略歴〉
個展
2017      「窗戶-mado-」台北寶藏巖尖蚪
2021      「清水香央理 展」GALLERY KTO

グループ展
2016   「二人展 問題のある私たち」神戸三宮・ギャラリーパサージュ
2019   「尾道市立大学卒業制作展」出品
2019   「東京インディペンデント」出品  東京藝術大学
2019  「Good Morning Japan-おはようにっぽん- 」 halflawとして出展 文華連邦
2019       インドネシアジョグジャカルタAce houseにてアーティスト・イン・レジデンスを行う。
2020      「Surrounding area 清水香央理・松延総司二人展」 halflaw

Shimizu.jpg

“ 2021_blueleaf ” 2021年

林淳一朗
Junichiro Hayashi
〈略歴〉
1990 名古屋生まれ
2014 名古屋芸術大学 美術学科 版画コース 卒業
2017 東京ビジュアルアーツ 写真学科 卒業

個展
2015 「 VECTOR 」 no4 _「 theōria 」 / フォトギャラリー「プシュケ」 名古屋
2016 「 theōria 」 林 淳一朗 個展 / フォトギャラリー「プシュケ」 名古屋

グループ展・参加展示
2014 DISCOVERY 2014 KEY gallery & SEIKA Gallery 東京
2015 Border 3331 Arts Chiyoda 東京
2017 東京ビジュアルアーツ選抜写真展 キヤノンオープンギャラリー2 東京
2017 卒業制作展2017 vol.2 ニコンサロン 新宿 東京
2017 つくし荘 作家選抜展 納屋橋Komore 名古屋
2017 VECTOR 2017 喫茶モノコト ~空き地~ 名古屋
2019 ART BOOK/ART GOODS BankART Station 横浜
2019 2019.Volcana Brainstorm 黄金町バザール2019 横浜
2020 黄金町バザール2020 -アーティストとコミュニティ 黄金町バザール2020 横浜

発行
2015 「 theōria 」 発行 フォトギャラリー・プシュケ
2017 「壁面図鑑/WALLOLOGY」 私家版写真集
2017 「 theōria 」(増版) 発行 フォトギャラリー・プシュケ

受賞歴
2014 ブライトン大学賞 1等賞受賞  

Hayashi2.png

2対1組の写真作品/額装済み/530x335x30 mm(1点あたり)
2015年

佐々木 裕司
〈略歴〉
1960年 7月28日 福岡県生まれ
8歳より町道場にて柔道を学ぶ
高校2年次に講道館二段取得

1979年     福岡大学法学部法律学科入学、9月中退
1980年 上京、御茶の水美術学院油画昼間部に通う
1986年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻入学
1989年 "What's new?" 展
谷中アートフォーラム
監修 工藤哲巳(くどう・てつみ/現代美術家前東京芸術大学教授)​
1990年 昭和天皇崩御をテーマに「天皇展」シンポジウムパネラー 
中沢新一(なかざわ・しんいち/現明治大学特任教授 多摩美術大学客員教授)
於:東京芸術大学芸大学生会館​
1990年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1992年 初個展「額縁の超克Beyond the frame」
2004年 「私の眼の前にただ在る風景シリーズ」スタート​
2008年~09年 「シシュポス・ナウ」展​ キュレーション 坂口寛敏(さかぐち・ひろとし/現代美術家前東京芸術大学絵画科油画教授)監修 針生一郎(はりう・いちろう)/美術評論前原爆の図丸木美術館館長和光大学名誉教授)於:原爆の図丸木美術館
2009年 パリアート革命
凱旋門~コンコルド広場 日本の芸術展」公開制作 展示
於:ザルツブルクミュージアム
2009年 「生タダ展」早稲田大学キャラリー+小野記念講堂監修
塚原史(つかはら・ふみ/前早稲田大学法学部学術院教授 表象文化論)
2010年 会田誠(あいだ・まこと/現代美術家)「絵バカ」展オープニングレセプション
「受身絵画」友情パフォーマンス
2011年「受身絵画9.11グランドゼロを転がる!」NYC遠征中3.11勃発、急遽タイムズスクエアで単独募金活動を行う
2013年 「受身絵画」公開制作
NYC エンジェル オランザンツ ファンデーション
2014年 NYCタイムズスクエアアメリカンイーグルビル液晶ビルボードビル全面に「受身絵画」が映し出され紹介される
2014年 横浜トリエンナーレ「ART-BIN」VIP参加
トリエンナーレアーティスティックディレクター森村泰昌(もりむら・やすまさ/現代美術家)とアートバトル
2017年 個展「熟柿の落つるが如く!」 展示会寄稿文 土方明司(ひじかた・めいじ/美術評論家 川崎市立岡本太郎美術館館長) 於:表参道画廊
2018年 ザ・アート・ピクニック

於:セント・ジェームズパーク、ロンドンUK

Sasaki.jpg

“漆黒から光へ「金色の場合」光のかけらvol.3”
2019年
oil on canvas
455×380mm