exhibition

インベカヲリ★ 写真展
「たしか雨が降っていたから、」
7月16日(土)~8月2日(火)
協力:赤々舎

2022年7月16日 (土) 〜 2022年8月2日 (火)
Sat Jul 16 2022 〜 Tue Aug 2 2022

Inbe1.jpg
Inbe2.jpg

「よき忍び込み-1 2003 」

353×530mm

タイプCプリント

「 “今ここにいる人”の演技 2019 」

420×530mm

タイプCプリント

「たしか雨が降っていたから、」
 
 2 0年前に写真をスタートした当初、作品づくりは私にとって症状だった。自己主張で、自己確認で、表現であり発露。初期のころに、セルフポートレートが多かったのは、それが理由だ。それからだんだんと他者への興味に移り変わり、今ではすっかり、人の「語り」に魅了されている。その「語り」を聞くことで、他者という存在を写している。対象が自己か他者かで、やっていることは今も昔も変わらない。
 人の心は、宇宙の果てや海の底と同じで、まだ誰も知らない。どこまで近づいても触れることはできないし、時間とともに流動していく。だから飽きることがなく、探求心が向かう。
 あのころ、自分はなにを考えていたのか。初期衝動をふりかえってみると、たしか雨がずっと降っていた、というような心象風景しか思い出せない。過ぎ去ってしまえば、記憶は恐ろしく軽い。
 私は「写真」を撮るという意識すらなかったし、それは今でも同じはずだ。けれど、写真賞などを貰っているうちに、すっかり「写真」になってしまった感がある。だから他所で「症状」のような作品を目にすると、ああ、そこに戻らないといけないな、という気持ちにもなったりする。
 もっとも他者が被写体であれば、両者とも表現者だ。特に最近は「語り」のほうに比重が傾き、文章化するほうが楽しいくらいでもある。話を聞いて、私が反応する部分も変わってきた。また、これまでずっとネガフィルムで撮影していたけれど、フィルムの値上がりによりデジタル写真に切り替わった。カメラが違うと、撮影時の感触も見え方もだいぶ違う。
 本展では、写真をはじめたころの初期作と、新作と、その間の作品を並べている。見た人が気づくか気づかないかにかかわらず、私の中では時間や時代、出会う人によって変化していく。
 ここへきて、ふと後ろを振り返ってみることにした。

インベカヲリ★

《プロフィール》
インベカヲリ★
1980年、東京都生まれ。写真家。短大卒業後、独学で写真を始める。編集プロダクション、映像制作会社勤務などを経て2006年よりフリーとして活動。13年に出版の写真集『やっぱ月帰るわ、私。』で第39回木村伊兵衛写真賞最終候補に。18年第43回伊奈信男賞を受賞、19年日本写真協会賞新人賞を受賞。写真集に『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』①②③がある。ノンフィクションライターとしても活動しており、『家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像』で第53回大宅壮一ノンフィクション賞候補に。著書に『「死刑になりたくて、他人を殺しました」無差別殺傷犯の論理』『私の顔は誰も知らない』など。

作者HP : http://www.inbekawori.com/
Twitter:@kaworikawori