exhibition

潮田友子 個展
積層 2014−2021

2021年10月8日 (金) 〜 2021年10月17日 (日)
《10日間毎日 開廊》

Fri Oct 8th 2021 〜 Sun Oct 17rd 2021
《open daily for 10 days》

shiotatomoko1.jpg

夏至2 2017年 パネル 綿布にアクリル混合技法

フィリップ・フォレスト『洪水』から
それは昨日のことであり、1世紀前のことだった。他人にとって時間がどのように過ぎていくのか、もはや正確に見定めることはできなかった。わたしは一種の永遠なる現在の中を漂っていた。それは際限なく同じ日々を蘇らせるが、そうした日々は加算されることなく、そのいずれもが同時にあらゆる方向に広がっていくだけで何かを内に含むことはない。わたしが語るこの突然の感覚は、いつの日か遅かれ早かれ貴方を捕らえる。ひとは時が自分の背後で逃げ去ったことに気づく。自分が知らない内に。後ろを振り返り、過去が途方もない重さで自分の方にのしかかっているのを感じる。それには老いるだけで十分だ。生きた人生がどんなものであれ、誰の身にも起きることなのだ。

潮田友子:略歴

1947 栃木県 宇都宮市生まれ 
東京在住

1972年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

1976年 1976年〜84年 西ドイツ ミュンヘン滞在 ミュンヘン美術アカデミー絵画科卒業

個展・グル-プ展 

1981年
1981年・1983年 「グローセ・クンスト・アウスシュテルング」ハウス・デア・クンスト ドイツ

1982年
「フリューヤース・アウスシュテルング」ガウティング市庁舎 ドイツ

1983年
1983年・1988年  個展 コルドンハウス、カーム市立ギャラリー ドイツ

1985年
「サーキュレーション'85」帯広百年記念館

1987年
「和紙の用と美展」山梨県立美術館

1988年
1988年・1990年・1992年 「グループ89展」福岡市立美術館

1994年
「ファーレ立川アートプロジェクト」 東京

1995年
「介在する表現—紙」山梨県立美術館

2004年
「ディスタンス」栃木県立美術館

2000年
2000・2003年・2006年・2009年 「越後妻有アートトリエンナーレ」十日町市松之山 新潟

2008年
「シシュポス・ナウ展」原爆の図丸木美術館 埼玉

2008年
2008年・2009年 「まつしろ現代美術フェスティバル」 史跡松代藩文武学校 長野

2010年
2010年・11年・12年・14年 「今日の反核反戦展2010/ 2011/ 2012/2014」原爆の図丸木美術館

2011年
「潮田友子 川邉耕一 坂口寛敏展」ギャラリー風蘭 静岡

2013年
個展 「Summer Garden and Winter Giant」 MUSEE F 東京

2014年
個展 調布画廊 東京
「防風林アートプロジェクト2013-14」 帯広

2015年
「くまの古道美術展in紀伊長島」三重

2015
「マイナスアート展 帯広コンテンポラリーアート2015」帯広


 2017
<平面>—明日への挑戦 ギャラリー湯山 新潟


2018
「河口」展 帯広コンテンポラリーアート2018 帯広
「シロイルカの森坂口寛敏+潮田友子」森のオープンギャラリー大きな木 帯広
 サファイア展 72年卒芸大上油科有志展 小杉画廊 東京
 ドローイングの現在—創造の生まれる処— ギャラリー津山 新潟


   2019
 東京インディペンデント2019 東京藝術大学陳列館 東京
 形のないかたち展 ギャラリー月桂樹 坂戸 埼玉

shiotatatomoko2.jpg

Dec/2018/green 2018年 パネル 綿布にアクリル混合技法 82x82㎝

shiotatomoko3.jpg

Nov-2017-snow-white-yellow 2017年 パネル 綿布にアクリル混合技法 73x51.5cm

shiotatomoko4.jpg

Nov-2014-17-sedimentation-yellow 2014-17年 パネル 綿布にアクリル混合技法 50x50cm

shiotatomoko5.jpg

Aug/2017-21/azul 2017-2021年 パネル 綿布にアクリル混合技法 51.5x73cm

shiotatomoko6.jpg

Nov/2016/tierra 2016年 パネル 綿布にアクリル混合技法 40.5x40.5cm