ケニー・シャーフとチェマ・コボ版画展

開催期間
前期:2020年2月 8日~2月25日「light」「invisible camouflage」2点
後期:2020年2月29日~3月17日「dark」「invisible camouflage」2点(前期とは別イメージ)

ケニー・シャーフ
1958年ロサンゼルス出身のケニー・シャーフは1980年代にニューヨークでキース・へリング、ジャン=ミシェル・バスキアと同ギャラリーに所属し、交友関係にもありました。 彼はテレビやモダンなデザインに影響されたアイコンを用い、絵画や彫刻、ビデオアート、ストリートアートなど枠組みを越えた表現をしています。 彼の作品は古いものに新しいものを描き加え日常のものから違う空間やイメージを創り出します。画面にあらわれる過去と現在、未来の姿は私たちの社会への問題を気づかせてくれるようです。

ケニー・シャーフ “ライト” 7点組版画集 1988/89

[紙質]アルシュ紙 [サイズ]76.3 × 56.3 cm
発行部数現定50部[版種]リトグラフ (lithograph)

k_1.jpg

Audio - Visual

k_2.jpg

Soot Shot

k_3.jpg

Moshi - Moshi

k_4.jpg

Sayonara Flash

k_5.jpg

T.V.Totem

k_6.jpg

Fifteen Minutes

k_7.jpg

On the Road to Fuji-yama

写真をクリックで拡大写真でご覧いただけます。

作家による署名・年記・番号入り

チェマ・コボ
同時に1952年スペイン・タリファ出身のチェマ・コボのインヴィジブル・カモフラージュ・シリーズを展示いたします。 1980年代に新表現主義と同時期にスペインの若い世代のアーティストが注目され、チェマもその1人として紹介されました。 物質性の強調においてアンフォルメルとのつながりを感じさせながら、ポップ・アートのような色彩やイメージが多重する表現が繊細なネパール紙の大画面で独特の世界観をつくり上げています。 今展覧会では2人の89年に日本で制作された版画作を前期と後期に分け展示いたします。

チェマ・コボ "インヴィジブル カモフラージュ" 5点組版画集 1989年

[紙質]ネパール紙 [サイズ]116 × 86 cm
発行部数現定30部[版種]木版画(woodcut)

200210_3.3.jpg

Holy Joker

200210_3.3.3.jpg

Born to Entertain

写真をクリックで拡大写真でご覧いただけます。

作家による署名・年記・番号入り