exhibitions

清水 香央理 展
Kaori Shimizu exhibition

2021年4月10日 (土) / 11日 (日)
Sat Apr 10th 2021 〜 Sun Apr 11th 2021

清水は1995年生まれ、徳島県出身。2017年に台湾の台北国立教育大学へ留学した後、2019年に尾道市立大学芸術文化学部美術学科立体造形コースを卒業し、現在は東京を拠点に活動しています。 実際に街を歩き、街並みや人々を撮影した写真をアクリル板に転写して生み出す作品は、我々の持つ都市のイメージがコンクリートのように強固なものではなく、儚くあいまいで、一瞬の時間が積み重なって生じたものなのだとささやきかけてくるような、そんな魅力を放ちます。 本展覧会では、2018~2020年に制作された未発表作品や、、2020年に行われた松延総司との二人展「Surrounding areas」(会場:halflaw)への出展作品に加え、今回の展覧会のために制作された新作を展示いたします。 若手作家の新鮮な感性に触れられる展覧会となっております。 ぜひご高覧ください。

個展

2017      「窗戶-mado-」台北寶藏巖尖蚪

2021      「清水香央理 展」GALLERY KTO

 

グループ展

2016   「二人展 問題のある私たち」神戸三宮・ギャラリーパサージュ

2019   「尾道市立大学卒業制作展」出品

2019   「東京インディペンデント」出品  東京藝術大学

2019  「Good Morning Japan-おはようにっぽん- 」 halflawとして出展 文華連邦

2019       インドネシアジョグジャカルタAce houseにてアーティスト・イン・レジデンスを行う。

2020      「Surrounding area 清水香央理・松延総司二人展」 halflaw

kaoei3.jpg

“2020_s○mida” 2020年 アクリル、レーザープリント、紙、アクリル絵の具

kaori1.jpg

“2019_ind○nesia” 2020年 アクリル、レーザープリント、紙

kaori2.jpg

“ふにすか” 2020年 TPU(フレキシブルレジン)、 3Dプリンター